パソコンのデータ管理の落とし穴

posted in: パソコン関係

パソコンの容量問題の解決方法として、もっとも手軽に出来る方法がデータ消去です。このデータ消去ですが、プログラムによってはしっかりとした手順を踏まないと、取り返しの付かない重要なデータまで消えてしまうことになりかねませんので、十分に確認をして欲しいです。パソコンソフトのプログラムに関しては、専用のアンインストーラーが同梱されているはずですので、それを使えば余計な部分を消さずに安心してデータ消去することが可能です。

データ消去後、実は消去したデータは見えなくなっているだけでまた残っている場合があります。この状態で不正アクセスなどを受けると、消去済みの個人情報などが盗まれることもあります。これに関しては防ぎようがありませんので、不正アクセスを受けないようにセキュリティソフトの充実を図り、データを奪われないように心がけることが重要になります。

また、パソコン廃棄の際にも、データ消去はしっかり行うべきです。見えないデータを発掘して情報を盗む廃棄業者もいるそうですので、パソコンの廃棄の前には、専用の完全データ消去ソフトを使うなどして対策を行いましょう。なおそのソフトを使ってしまうと、二度とそのパソコンは使えなくなるので注意も必要です。

This entry was posted on 2013年6月1日 at 12:00 AM and is filed under パソコン関係. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply